2007年4月11日水曜日

毎日のかわいい


ソメイヨシノが終わってしまった昨日の千鳥が淵には、まだところどころ花見客の宴の余韻が漂っている。そんな中、しだれ桜と木瓜が仲良く綺麗に咲いて、八重桜はつぼみを大きく膨らませていた。こんな日やさしい季節には外出組み合わせてお昼休みを取る。なんだかとっても得した気分。




いくら楽天家でも、それなりに毎日腹の立つこと、心配なこと、気のめいることはある。だから日々のちょっとした楽しみ、笑い、かわいいを書き溜めていけば、自分のポジティブ貯金になるかなと思い、ぽつぽつとブログを書き始めた。そして、時間に追われる毎日、楽しく送れるようにちょっと立ち止まって小さな努力をする。小さな親切、のんびり歩く、音楽を聴く、微笑んでみる・・・・ などなど。 そのひとつで、楽しみにしているのがほぼ日の”かわいいもの好きな人々”と”にわとりトシ子”さんのブログ。日常の何気ないものに向ける愛情にあふれたまなざしに心和む。お二人の”かわいい”の目の付け所がなんともいえず、いい。

この”かわいい”の定義が意外と難しい、と思う。万人に共通する”かわいい”も、それぞれ人によってツボの箇所が違うと思うのだ。たとえば”かわいい”の広義に当てはまるであろうアザラシのタマちゃん。私の場合は昔飼っていた”猫のマリちゃん”にその姿を重ねて楽しんでいた。(太った猫が転がってるとアザラシに似てるのだ。)それから、山下さんは”おじさん”が”かわいい”と思ったものを紹介しているが、おばさんにも十分かわいい。おじさんというよりも、世代に共通した”かわいいもの”があるんじゃかなぁ(それとも私がおじさん化しているのか。)

動物の赤ちゃんが”かわいい”のは、あんまりかわいくて思わず面倒見たくなってしまうから、なんて話しを聞いたことがある。”かわいい”は相手の感性を動かす、実はつよ~い受動的攻撃(?)パワーなのかもしれない。(・・・、パワーなくなっちゃったな~。)

1 件のコメント: