2014年6月30日月曜日

ナントカのジレンマ

ワカ 「社会のテストに出たんだけどね、ヤマアラシのジレンマって聞いたことある?」
私 「無い」
ワカ (あ、よかった!ってな顔で)「ヤマアラシ同士は仲良くしたいけど、くっつくと針が痛いでしょ、くっつきたいけどくっつけないって話なんだよね。で、間違えちゃったんだよ。」
私 「で、なんて書いちゃったの?」
ワカ 「アルマジロ!ヤマアラシって思ってたけどね、思わず書いちゃったんだよね。
私 (針ないし・・・・、ジレンマにならないし~。)

後で先生にお会いする機会があったので聞いてみたら、答案にはハリネズミ君やハツカネズミ君も登場したらしい。

2014年6月16日月曜日

大人のバレエ

お久しぶり。
FBというのはとっても手軽だけれど、個人的なことを長々と書くのははばかられる。やっぱり世界の端っこで何かをぼやくのも必要と、あれこれ思いついたらこちらのブログに下書で残しておいた。久しぶりにアップしてみよっと!

私の通っているバレエのスタジオには、大人になってからバレエを始めたという方が沢山いらっしゃる。私は人よりも踊り好きを自負していたけれど、こちらの方々にはすっかり脱帽。レッスン中に動画を取り、レッスン後はヴァリエーションをしっかりメモにおこし、それをみんなにシェア、次回のために復習&イメトレをしているのだ。す、すごすぎる。

バレエって、「ピアノのようにレッスンのための練習がいらなくて、その場に行けばよい」のが利点!と思っていた私である。私のレッスンの受け方は子どものころと全然変わっていない。字も書けないころからおけいこを始めているので、まずは見てからすべてが始まる。視覚から直接体へ、すなわち言葉を通さずに四肢に伝達しているらしい。一度意識して踊ってみたら、やっぱり踊っている間、に一度も文字は入って来ていなかった。どこで踊りのプロセッサーが動いているのか、よく分からない。とても不思議な感覚だ。

小学生高学年くらいからパ(バレエの型)とその名称を組み合わせながら体に叩き込んでいく、ということもできたのであろうが、私の場合は全くそういう回路が無かった。もちろんパはわかることはわかるし、言われて体も動く。でも一度も考えながら踊ったことはない。ヴァリエーションの時は名称(言葉)と組み合わせて覚えるのもいいのかもしれないな、と今更のように思ったりしている。

言語や楽器もきっとそうなのだろうな。大人には大人の覚え方があり、いつからでもどんな形でもいろいろなことが始められる。逆に子どもには体で覚えられられるうちにいろいろな経験をさせておくと、大人になってからそれをきっかけに世界が広がる。昔取った杵柄ってね!

2014年1月7日火曜日

湿疹、やっと治る

忘れもしない昨年9月の30日、おでこの富士額の頂のあたりが痛痒くなり、その日を境に顔にどんどん湿疹が広がっていった。あまりに赤くはれたので薬局に行くと、「まずお医者さんに診てもらってください」と、神妙な顔つきで言われてしまう。

薬屋さんに促されるまま、通りの向かい側にあるクリニックにとりあえず行ってみた。ヘルペスではなく、アレルギー性のものだろうということで、痒み止めの飲み薬(アレグラの後発薬)と塗り薬を処方され、3日後の金曜日にまた来るように言われた。さて、病院も薬も苦手な私、金曜日はちょっと忙しくてパスしてしまった。

月曜日、赤みも収まっていたので、もうお医者さん行かなくてもいいかなと思いつつも、なぜかちょっと気になってクリニックへ。すると、「ちゃんと金曜日に来なくちゃダメでしょ、ステロイド出してるんだから。」とこの年になって先生に怒られてしまう。私の顔を覚えているくらい、患者が少ないのか?と別な意味で不安になった。しかし、なぜかちょっと気になってお医者さんを訪れた、その予感は正しかったようだ。

湿疹は一か所腫れが引くと別の場所にでてくる。顔にあとが残らないように、反応を見ながら薬を塗る場所、期間を丁寧に指示してくれる先生、2回”出頭”する週もでてきた。1か月経つ頃、なんと腕にまで湿疹が表れ始め、涙目・・・。友人は医者を変えろというが、とにかく続けて通ってみることにした。腕用には別のステロイドが出る。顔の薬は弱すぎて四肢には効き目がないそうだ。へえ~、同じ肌でも違うのだな、と感心。やがて発疹は、おなか、腰回りにも現れ始める。ここで白状すると、腕までは先生に見せていたけれど、おなかと腰回りは黙っていた。これに全部薬を塗ることを考えたらぞっとしてしまったからだ。

つらいのが、なんといっても夜、お布団に入って寝ようと思ったとたん、あちこちが熱を持ち始めてかゆい、かゆい、とってもかゆい~。昼間も下着やらストッキングも刺激になるみたいだし、ウールがじかに触れるとそこもかゆくなる。夜は安眠できないし、このまま治らないのかとかなりユーウツな気分になった。その間に受けたアレルギーと肝機能の血液検査結果、問題はなし。いったいぜんたい・・・。

転機はそのユーウツな気分が最高潮に達した時訪れた。ついに勤務時間に夜のようなほてりとかゆみが襲ってきたのだ。とにかく体を冷やそうと500ccの水をがぶ飲みした。すると、するとですよ、な、な、なんと、まるで潮が引いていくようにかゆみが収まっていくではないか!!これには驚いた。ためしに寝る前にお水を飲んでみた。するとあの熱を持ったような痒みは起きない。まだちょっとかゆかったけど。乾燥した体が悲鳴をあげていたのだな。

で、先生に体の発疹を黙っていたことがばれないように、吸水のことをそれとなく聞いてみた。すると冬でも昼間1リットルは飲んだ方がいいとおっしゃる。ついでに有効なお肌ケアを聞いてみた。まず保湿が大事。それから肌は排泄機能はあるけれど、たとえばコラーゲンなんかを吸収することはありえないとのことだ。コラーゲンは水分蒸発を抑える保湿効果は期待できても、コラーゲンという細胞が吸収されることはない。先生に「ブタ(コラーゲンは牛や豚や鶏から抽出されている)のコラーゲンを肌に塗って吸収されるということは、君の肌がブタさんになるということだよ。」と言われ、小学生のようにうなずいた。とにかく肌には保湿、口からは吸水。で、お茶ならまだしも、水1リットルは結構きついと思っているみなさん、大丈夫よ、1週間ほどで慣れるから。

12月に入りステロイドに替わってプロトピックという薬を処方された。塗ること約2週間、ついに最後まで残っていた目頭の湿疹も無くなり、年越しを待たず先生から終息宣言。プロトピックについては説明書にちょっとコワイことが書かれているけれど、私には結構有効だった。あんまり嬉しくて「お世話になりました、来年もよろしくお願いします」と言ってしまいそうになった。

そんなこんなでもう発疹が再発することもなく、さわやかに新年を迎えることができた。
今年も皆様にとって、幸せで、健康で、とびっきり愉快な一年になりますように。

特に第三次思春期の女性の皆様に送る言葉

水を飲もう!

2013年10月25日金曜日

アムステルダム 市立近代美術館

今年の夏休みはベネルクス・ジャーマンパスで電車の旅。
頭で寝かせた思い出、忘れないうちに綴ってみる。

ロンドンからユーロスターでドーバー海峡を渡り、ブリュッセルを半日観光してブルージュに泊り、アムステルダムに。中心部は徒歩と路面電車で観光が楽しめる。滞在した2泊3日は電車と博物館がセットになった48時間チケットを購入、フルに使って夏の終わりのアムステルダムを満喫した。

まずは、「アムステルダム市立近代美術館」。
19世紀終わりに建てられた16世紀オランダルネサンス様式のヴァイスマン・ビル(左/レンガ作りの建物)と、2012年に改修を終えたベンサム・クロウェル・ウイング(右/白の建物)という全く異なる2つの建造物からなっている。

(写真:John Lewis Marshall)
新ウイングはご覧のとおりで「バスタブ」と呼ばれており、デザインには賛否両論あったようだ。私は一目で気に入ってしまったのだが。1階部分はガラス張りでエントランスとカフェ。ガラス効果で”バスタブ”が宙に浮いているように見える。

近代的な正面玄関から少し行くと、真っ白な壁に挟まれた荘厳な階段(写真下)が表れる。す、好きだこの階段。で、「なんか入口と雰囲気が違うな~」と・・・。しばらくして隣の曾おじいさん建物(左)とひ孫建物(右)とは繋がっていたことに気づく(予習していなかったからね)。エクステリアの新旧コントラストから見ると、インテリアの統一感は絶妙だ。

ヴァイスマン・ビルは今まで行われてきた改築や増床でその姿を変えてしまっていたが、今回の改修で当初のネオ・ルネッサンスのデザインがよみがえったそうだ。
細部まで心の行き届いた内装、そこに照明と自然光が実に巧みに使われている。大きな窓には半透明のスクリーン、外の風景が絵画のようだ。ああ、このセンスの良さ!

実に贅沢な階段

階段の上
窓の向こうには伝統的な建物

































そんな完璧な空間に選び抜かれた近代絵画、工芸がゆったりと整然と展示されている。空気を吸うように作品を体に取り込むことができる。まさに天国。住み込みさせていただきたい・・・

ゆったりとした空間
人が入ると天井の高さがわかる
美術館を出て、上を見上げると午後8時とは言えまだ明るい。”バスタブ”の向かい側にある壁に目をやると、目をおっきく開けたおじさんの顔、壁の上の青空に浮かぶ白い雲を背景に、一匹の黒い鳥。鑑賞の余韻が楽しめる素敵な空間だ




2013年10月22日火曜日

我が家の高校生 その3

満月の夜でもないのに、家の近所に「狸」が表れたとご近所さん。目がキラリンと光る写真を見ると、確かに犬でも猫でもない。山もないのにいったいどこから現れたのか。
さっそくワカに教えた。
すると、「ぼくはね、ヒ・ラ・イ・シ・ンを見たんだよ!」と言う。
ちゃんと人の話を聞いていたのだろうか?無機物の話題に振られても、こっちは有機物の話しをしているのだよ。
「電線の上を歩いていたんだよね~」

ああ、それはハ・ク・ビ・シ・ン

2013年10月15日火曜日

The Company You Keep  ランナウェイ/逃亡者

ロバート・レッドフォード監督・主演。「明日に向かって打て」が私の中のRR。御年77歳と聞くと、なんとなし寂しさが漂ってくるけれど、御本人は意欲的だ。

1960年代アメリカで大きなうねりとなったベトナム反戦運動は、やがて一部の学生が過激化し、その過激派グループ「ウェザーマン」は連続爆破や銀行強盗殺人を起こす。そのかどでFBIに追われ、メンバーは散り散りになり、本名を隠しふつうの生活に身を潜める。それから30年、メンバーの1人シャロン(スーザン・サランドン)は逃げることに疲れ、自首のような形で逮捕される。一方、斜陽の新聞会社ではシャロンの逮捕の記事を指さし、これがスクープだ!と編集長が若い新聞記者ベン・シェパード(シャイア・ラブーフ)のお尻を叩く。へらへらと乗り気ではなかったベンは、取材を続けるうちに優秀な弁護士ジム(ロバート・レッドフォード)に出会うがほどなくジムは逃亡し、今度は編集長が止めるのも聞かずベンはジムの行方を追い始める。それはベンにとってもジムにとっても反戦運動に参加したかつての若者たちの今の姿に出会う旅でもあった。

冒頭、シャロンはテロ行為と誹られた反戦運動について、「合法の元で若者を戦地へ送り出す国家の殺人は決して許されるものではない。」と、とうとうと語る。若い新聞記者のベンはその言葉に何かを感じ取り、体制派の意見に片足を残しながらも、次第に反戦に身を投じた若者達の世界にのめりこんでいく。

ベンの取材がストーリーテラーとなるのだが、興味深いのはウエザーマンのメンバーは警戒しながらもジャーナリストを敵とは見ていない。ジャーナリズムの中立に希望さえ持っているようだ。本来はジャーナリズムとはそういうものなのに、この構図が新鮮に見えてしまう私・・・。RRはかつて「大統領の陰謀」で真実を告発する若きジャーナリストを演じたが、今回ジャーナリストに真実を述べるのを最後まで拒む役だ。


FBIはテロの原因を知ろうともしない、ウエザーマンで中核にいたミミ(ジュリー・クリスティー)は大義のための犠牲に目を背けたままだ。そしてマスメディアは人の生活などおかまいなしで、「どうでもいい真実」で人の好奇心をあおりたてる。ベンが自分の役割に気づき、本来あるべきジャーナリズムに目覚めるシーンに安堵、真実と本質は似て非なるものだ。

若いころマクロに広がった平和への思いは、時とともに家族の平和というミクロな世界にいきつく。それが成熟なのか、諦念なのか。暴力では、戦争では、何も解決できない。

2013年9月24日火曜日

劇場映画 4月~8月

久しぶりのブログ。

4月から9月まで見た映画一覧。どうにか見た映画は拾い上げたけれど、感想文書いておかないと見たそばから忘れてしまう。どうにか記憶をかき集め・・・。
10月からは脳トレもかねてまた感想文を書こう。

ヒッチコック
 アンソニー・ホプキンスがヒッチコック役で、妻役のヘレン・ミレンがかっこいい

天使の分け前
 ケン・ローチ監督作品。ウイスキーは熟成するとどんどんおいしくなるけれど、毎年2%ほど蒸発して失われていく。それを「天使の分け前」という。この映画には数多くの「分け前」があって、私も、もらった気分。

ウィ・アンド・アイ
 NYの公共バスに乗り合わせた高校生たちの姿。しかし、おばさんはお行儀が気になっちゃって~。公共交通機関はきれいに使おう

ジャッキー・コーガン
 ブラッド・ピットが殺し屋で、とにかくみんな痛そうだった。一番悪いのは誰だ。
 
イノセント・ガーデン
 ニコール・キッドマンが色っぽいお母さん役。映像はきれいなんだけど、もったいぶっている感。

ジェシー∞セレステ
 クインシー・ジョーンズの娘ラシダ・ジョーンズがキュート。それにしてもえ切らない2人、にちょっかいが出したくなる私。 

グランド・マスター
 ウォン・カーワイ∩トニー・レオンとくればかっこ良くないわけがない。チャン・ツィイーは本当に美しい創造物だ。

ローマでアモーレ
 ウディ・アレン監督、お風呂でオペラ。ああ、ヨーロッパ!これは笑える

ギャツビー
 バズラーマン監督はいつも動きがあって華やかで。デ・カプリオの決め顔、あれではフィリップ・シーモア・ホフマン。

モンスターズ・ユニバーシティ
 やっぱり楽しいピクサー。でもインクの方がスキかな~。

ワイルドスピード ユーロミッション
 これには理屈はいりましぇん。とにかく今回もすごいことになっちゃって、笑えるよ。

ワールドウォーZ
 殺しても死なないゾンビ、墜落しても死なないブラピ。

25年目の弦楽四重奏
 これは素晴らしい脚本。クリストファー・ウォーケンが立派なチェリストで、フツーの役を!パブロ・カザルスの逸話には感動する。

風立ちぬ
 子どもには絶対わからん、大人の映画。クレジットで流れるユーミンの音が外れた歌がこれほどまでにマッチするとは!

NY恋人たちの2日間
 ジュリー・デルピー監督&主演、いろんな意味で貫録が。ウディアレンぽいコメディ。

マジックマイク
 スティーブン・ソダーバーグ監督。ああ、マシュー・マコノヒー!とにかくコイ、濃い映画なのに、胃がもたれないのは監督の手腕か?

ペーパーボーイ
 もう一回、マシュー・マコノヒー!ついでに、どうした、ジョン・キューザックー!でもって、ニコール・キッドマン!一番若いザック・エフロンが一番静か。全体的に、暑苦しくて重い空気がどよよ~ん。

トゥ・ザ・ワンダー
 テレンス・マリック監督。ベン・アフレック眠そうだけど、意外といい、いい。人間ではなく、風景の中に心情を映し出す、映像美だけではない深みにどっぷり。

オン・ザ・ロード
 セントラルステーション、モーターサイクルダイアリーズのウォルター・サレス監督。昔の青春はすごい、あ、人によるのか。若手俳優が上手い。

サイド・エフェクト
 ジュード・ロウ、キャサリン・セタ・ジョーンズに負けないルーニー・マーラー。それにしてもソダーバーグ監督、ほんとにこれで劇場映画終わりにするの?

スタートレック イン・トゥ・ダークネス
 出演者はみんなかっこいいけど、結構突っ込みどころ満載。でもTV版のすごさ(別の意味の)には負けるかな。

エリジウム
 第9地区では人種問題、今回は経済格差問題。同じCGでも独創性を感じるし、テーマに一本筋が通っていて、いいね。

ワーム・ボディズ
 アバウト・ア・ゾンビ。それにしてもニコラス・ボルト君、スマートになったなぁ。これだけゾンビ映画花盛りだから、ゾンビ側からのアプローチも大切よね。

で、一番この中で好きな映画は「天使の分け前」。希望にあふれたこんなケン・ローチも素敵だ。そして、この映画を最後に銀座テアトルシネマは閉館した。