2012年3月1日木曜日

Dream Snow    ゆめのゆき


エリック・カールの「ゆめのゆき」。
いつも素敵な絵本をご紹介くださるエリリンさん(紫草のくさまくら)が、図書館でこの絵本を借りられたとのこと。

サンタクロースのような農夫が、子供たちにではなく、日頃お世話している(なっている?)動物たちにプレゼントをして歩くお話。最後のページにボタンがついていて、それを押すと綺麗な音がチロリロリンとなる。

残念ながら、エリリンさんが手にした絵本は電池切れだったということなので、家にある絵本のボタンを久しぶりに押してみた。

iphoneで撮影したので、音が小さいけれど、少しでも伝わるかしら。
video



絵本の裏表紙には農夫のモデルになったバリー・モーザーさん(右)がエリックカールさん(左)と一緒に載っている。
どちらもほんとにサンタさんのような風貌。優しさオーラに包まれている。

4 件のコメント:

  1. Angelaさん,ありがとうございました♪
    感激です!!

    こんな可愛らしい音だったんですね。
    Angelaさんのお持ちのは原書なんですね。
    ほんとうに素敵な絵本です。

    お二人、私もサンタさん♪
    だと思いました。
    温かさがにじみ出ています。

    返信削除
    返信
    1. おかげさまで、懐かしい本を開く機会に恵まれて、こちらこそありがとうございました。夫が息子に英語を教えるために、本当にたーくさんの絵本の読み聞かせをしました。せっかくなので、ご紹介しようかしらん。

      削除
  2. ぜひぜひ〜〜Angelaさん♪

    うちの図書館(うちのになってしまってる)には
    洋書が少しはあるようなので紹介して下さい。
     
    以前丸善が出版した《ソンリーサ》や《Fossette》も
    結構揃っているので片っ端から借りてみようと
    思っている所でした。眺めるだけだけど....

    返信削除
    返信
    1. では、絵本と、幼児向け図書、少しずつご紹介していくことにします。

      削除